12/31/2014

enjoy your final day of 2014 xx

thank you for supporting me for all year around, 
and i just thank you for being YOU xx

big love to you all...

12/30/2014

hope for 2015

what do you wish for 2015?
what should you be excited for...?

来年、2015年について考え始めています
いくつかの契約に着手しているところです

思い返せば…去年のちょうど今頃は、
初めてのパリでの展示…というより初めての海外展示を終えて
心底ほっとしていたところでした…
同時に、少し心細くもありました
…当時の私の予定は、パリ後、完全に真っ白だったのです

このまま絵を続けていけるのか…という不安を抱きつつ、
心のままに描き続けよう…と決意していた頃でした
当時の2014年の目標はまさに、「マイペースでも描き続ける」ことでした

年が明け、お誕生日を迎えたとき、
ある大切な方からお祝いのメッセージをいただきました 
今後の、特に海外での活躍を祈っています、という激励でした
そのとき、やっぱり海の向こうに行ってみよう…と思いました

ぼんやりとでも、決意していると物事はそれに向かって動くものです
この一年、NYやパリが、何度も私を呼び寄せてくれました

今は…「真っ白」だった去年とは違い、
寛容に提示された2015年いっぱいのプランが目の前にあります…
それらをどこまで自分で選択してこなせるかは別として、
お声掛けいただけることにまずは単純にとても感謝しております

その中で、来年の目標として強く掲げたいことがあります… 
「自分とより深く向き合い、自分自身をより強く映す絵を描くこと」
表舞台に立つとか、たくさんの買い手がつくとか、
そういった欲やエゴから解放されて、真の私に近づく作業をしたいです

心に思うことは大抵叶います…思い返せば、これまでもずっとそうでした
…ただし、ひとつ叶えられないことが。。
今よりも 5kg くらい痩せたい、ということ…
これだけは、今年も叶えられないかもしれません、、
きちんと決意していないのでしょうね、多分…

みなさまの来年の夢は何ですか…?





simple wishes

i want to have more mature mind
i want to be more smart and sensible
still i want to stay pure and innocent
i want to be kinder and more thoughtful
i want strength more to have bigger heart

もっと成熟した心が欲しい
もっと賢くなりたい
それでいて純粋でありたい
もっと心優しくなりたい
優しくなれる強さがもっと欲しい



12/08/2014

strato moments... get my new mobile accessories ☆☆

beyond excited to have my latest mobile accessories and more 
on society6......☆
4 new designes for all the iPhone models from 3g/3gs to 6/6 plus, 
and other items are available featuring the guitar paint 
i did last month! 

society6で販売中の iPhone ケースのラインナップに
新たにストラト柄が加わりました☆
iPhone 3g/3gs 以降、6/6 plus までのモデルが揃っております
それぞれ、iPad ケースやカードなどにも展開されています

go check my page on society6 !
(crick the images below to visit the shopping site...)





hope you like the new items xx








12/04/2014

upcoming group show: EUROPEAN BIENNIAL PARIS of ART

12/5 より開催されるグループ展のお知らせです
come to see my upcoming group show !
starting tomorrow...♡

5-9 December 2014
20 Rue la Fayette, 75009 Paris



過日、掲載していただいた雑誌「BREATHING ART」が
主催する展示会です

会期中にお近くにいらっしゃる方、
是非お立ち寄りくださいませ♡

12/02/2014

2014 12 14 衆院選

日々、衆院選のニュースを追っています
投票日は国民に分け隔てなく与えられた発言の機会、
私は選挙のたびに必ず利用します

…ですが、
投票したい候補者がいない、
どの政党にも興味が持てない、
選挙や政治家そのものへの嫌悪を否めない、
だから投票しない、
周りから避難されるから渋々適当に投票する、
…という方も多いようですね

… それならば、
自分がどんな国に住んでどう生きたいか、
あるいは、子どもや孫たちのために国はどうあって欲しいか、
…ということに注意深く焦点を当ててみれば良いと思います 

周囲の意見やしがらみや政治家/政党の名前に惑わされず、
新聞や雑誌の記事を鵜呑みにせず、
純粋に自分自身の希望や関心や問題を軸に考えれば、
何を支持したいか、何に期待できるかが見えてくると思います 

人それぞれ、求めることは違います 
善悪、正否の判断も人それぞれです 
争点や論点が異なって当然で、自分自身で選んで主張して当然 
戸惑うことなく、自分の心で決めて訴えましょう… 
一切の気遣いをせずに自己主張できる相手は政治家くらいなものです 
お友達や恋人や家族の方がよほど手強いはず 
政治家とはそんな程度の存在なのに、それなのに黙っていれば
有無を言わせず自分の人生を左右してしまう相手であることを
すべての国民が認識すべきだと思います 

気負うことなく、自らの本心に従って投票を… 
必ずね



11/27/2014

NAF (Nagano Art File) 2014 "ART FOR SALE"

お久しぶり!の地元長野での展示です☆

11/29 sat - 12/20 sat
open 木金土曜日 11:00 - 17:00


作品はすべて会場のFLATFILE制作のフレームに額装&展示販売されますよ

師走の善光寺門前風景とともに
さまざまな作品を味わっていただけましたら幸いです

その他、以下現在進行中です… ♡
★ 日本橋三越展示販売
★ ART en CAPITAL 2014, Grand Palais



11/25/2014

恩師 - my one and only teacher

私の中学生時代、美術の授業で教鞭をとってくださった、
宮島信こみち先生のHPです 
よろしければ是非、ご覧くださいませ… 
今日は尊敬する宮島先生の78回目のお誕生日ということもあり、
ご紹介させていただきました 

先生は当時、まさに百獣の王のようなワイルドで無骨な風貌と口調で…
校内を竹刀を持って(!!)歩き回り、全校生徒から恐れられる存在でした…。。
初めての授業を受ける前から、学校で一番怖い先生だという噂が耳に入っていました 
…ですが不思議と、私は最初から怖いという印象を持ちませんでした 
実際、とても懐の大きな温かい方で…
大した用もないのにふらーっと美術研究室に行くと、
いつも細かいことは訊かずにコーヒーを淹れてくださいました 
先生のHPに掲載されている作品をご覧いただけば…
その精巧で繊細なタッチや哀愁を帯びた青のトーンなどから…
お優しくて情に厚いお人柄が浮かび上がってくるかと思います…
ヴェニスを描いた先生のリトグラフは、今も私の宝物です 

深く心に残る思い出はいくつかありますが、その中でも印象的だったことがあります 
先生が描かれた、愛嬌と悲哀に満ちたピエロの絵に
ぼーっと見入っていたときのこと…
私に近づいてきた先生は、
「俺はピエロが好きなんだよ」「ピエロは…好きだな」などとおっしゃり、
私の反応を見ることもなく立ち去って行かれました
道化という存在に徹すること、道化として生きること、…
それがお好きだなんて、何だか先生らしいと思ったのでした

長野の FLATFILE で行われた私の個展に先生がお越しくださったときは、
本当に感激いたしました… 
偉大な師から受け継いだことは残念ながらほとんど無さそうですが…。。
でも、私にとっての恩師は宮島先生だけだと思っております…実際そうなのです 

あらためて…宮島先生、お誕生日おめでとうございます 
今後のますますのご活躍とご健康をお祈り申し上げます

exposition in Paris - ART en CAPITAL 2014

i am joining ART en CAPITAL 2014,
"Salon Du Dessin et de la Peinture a L'Eau",
at Grand Palais, Paris, 
November 25 - 30

11/25より11/30まで… パリ グラン・パレにて
ART en CAPITAL 2014 に出展いたします

会期中に現地にいらっしゃる方、
是非お出かけくださいませ♡







11/20/2014

日本橋三越にて展示販売中です♡

ぐーっと寒くなりましたね…カタカタ、ブルブル…。。
…温まりたくはありませんか…?? :)

本日11/20(木)より年内いっぱい(場合により年始まで)、
日本橋三越 本館5階 和食器売り場にて
展示販売させていただいております 

身を切るような厳しい冬の情景に沿い得つつも、
どこかほっと温もりを感じられるような作品数点を、
新旧取り混ぜて選んでみました 

展示風景は会期中に変更される可能性がございますが
ご了承いただけますと幸いです 

陶芸作品との展示は、いつか実現したい夢のひとつでした
意外な形ではありましたが、実現できてとても嬉しいです

同店舗は年末年始に向けて、華やかな催しが盛りだくさんの様子…
お買いもの&お散歩がてら、是非お出かけくださいませ 

このたびお声掛けくださった(有)ニュートロンさま、
心より感謝申し上げます






10/14/2014

painted on Tomoyasu Hotei's guitar ☆☆

布袋寅泰さんのギターに描かせていただきました


コーティングまで無事仕上がって、こうしてお手元に届き、ほっとしております 
布袋さんやマネージャーさんの「凄くいいね」「最高にかっこいい!」
というお言葉がとても嬉しいです 

この絵には、ある生き物がこっそり潜んでいます…いつも私の中にいる生き物…
それからある小さな描き込み、これは布袋さんへの感謝の気持ち…

ご依頼いただいたのは、実は二度目でした… Montreux Jazz Festival ご出演の前に一度お話しをいただきましたが、そのときは実現せず…今回あらためて
Japan Tour 向けにご依頼いただき、お請けいたしました 
何しろ初めての経験で…描く前はさまざまな迷いがありました 
ですが、他の誰でもなく私にしかできないことを実現すればいいのだと吹っ切り、
いつもの私のまま、変わらぬテンションで描きました…
ギターに触れて描き始めたら、不思議なほど迷いは消えて自然に手が動きました…
本当に楽しかった!

自分を信じることをあらためて思い起こさせてくださったという意味でも、
本当に貴重な経験をいただき、感謝いたしております 

もうすぐ Japan Tour 2014 -Into the Light- が始まります!
日程は布袋さんの official website をご参照ください:

Facebook page >> 

最新アルバム「New Beginnings」>> 








10/09/2014

me on the Italian magazine "BREATHING ART"

イタリアのアート誌『BREATHING ART』に掲載していただきました 
隔月で主にヨーロッパのギャラリー向けに発行されているようです 
お話をいただいたのが割と前なので…
あれは夢だったのかしらと思っていたくらいなのですが、
こうして手元に届くと感慨深いです
…イタリア語読めませんけど。。
この出版元が Hotel Banke Paris にて12月に開催する
展示会にも出展させていただく予定です
see the summery of editorial on my website



9/26/2014

something vulnerable

先日、Vulnerability Parade と題された展示会を拝見しました
その翌日、友人との会話の中に「儚い」という表現がありました

起き抜けに、脆弱性のスケッチ

描くという作業は
日々のあらゆる思考や感情に繋がっていて
一瞬たりとも止まることはなくて
澱のように蓄積されたそれらを
チクっと掻き出し血が出ちゃうようなもの 

日頃心の中に存在しないものが
表現されることはないということです

…なんて、スキルの高い人なら何でも描けてしまうのかもしれませんが

9/16/2014

stepping into autumn

2日間、ちょっと標高の高いところで過ごしました。
山の陽射しは強烈に眩しいですが、それでも秋は淡々と深まっていきますね。
NYでのグループ展が先日終わりました。少し思うところありまして、
11月のパリまでは展示を行わないと決めております。
今見えているその先の予定は、12月がパリ、2月が東京かロンドン、3月がNY。
そのくらいはこなしたいなぁと思っていますが、
当面は自分のリズムを少し調えたいのです。
私はたくさん感じることはできても、上手に考えることができない人間です。
記憶力も良くないですし、巧く話すこともできません。
いつも頭の中はぐちゃぐちゃです…脳回路がショートした、と感じることが
日に一度はあります。
だから毎日、できるだけ書いて、描いています。よく聞き、読むように努めます。
そうしていると、次々に湧いてくる混沌にあっても頭の中が
少しクリアになる気がして、ほっとするのです。
私なりの、考えるという作業なのだと思います…その時間が、
今は一番大切だと感じるのです。

8/13/2014

upcoming group show "A PIECE IN TIME"

come to see my artworks at the group show "A PIECE IN TIME", 
featuring a collection of 12 X 12 works, starting this week in NYC

さて…次の展示は2か月振りのNYです☆
是非お出かけくださいませ

"A PIECE IN TIME"
aug 14 - sep 10, 2014 
opening reception: thu aug 14 6:00 - 8:00 pm

SPACEWOMb Contemporary Art Gallery
57 Stanton Street, New York, NY 10002
tel: 917.444.2667

hours: tue - sun 12:00 - 6:00 pm / mon by appt only

8/11/2014

私が狂っているなら狂人のままで

現実:

①長野県知事選挙
立候補者の1人が安倍陣営の強い後ろ盾を持つ人だっただけに、
全国的に見ても重要な意味を持つ選挙だったはず…
しかし投票率はたったの43.56%、そのうち8割が阿部守一氏に投票、
つまり安倍政権を支持したという結果

②反核、反戦
数日前、「原発や集団的自衛権の行使に反対するのは、
強迫神経症なんだろうな」と内科医に言われました



7/26/2014

長野県知事選挙 2014

8月10日は長野県知事選挙

お友達だから、知り合いだから、お客様だから、…といった、
義理やしがらみはダメ

ご自身でよく考えて、誰に投票するかを判断してね
…実質、二つに一つだと思いますので、慎重に

(3人目の候補者の方、暴言ゴメンナサイ)

dear red

表装と額装、いずれも赤色を好んで差し色に使います

色味や分量など細かな指定をしないにも関わらず…
私の意図を汲み取り、いつも絶妙な匙加減で
作品とお仕立てを共鳴させてくださる表具師さん&額装師さんに感謝
いつも本当にありがとうございます




7/01/2014

sexy / unsexy

争いごとは苦手ですし、喧嘩は嫌ですが…
喧嘩もできない相手(男性)はもっと嫌

「きちんと喧嘩ができる = 逃げずに真っ直ぐ人や物事と向き合える = 自分に確固とした主張があり、他人にもそれが多少なりともあることを理解している = 責任やリスクを負う覚悟と潔さと自由がある」ような男性は…
… セクシーだと思います

…殴り合いをしたい、と言っているのではないですよ、
罵倒し合いたい訳ではないですよ、
言いたいことを言い逃げするのは喧嘩ではないですよ、


my work on Saatchi Art's website

ロンドン Saatchi Art のサイトにて、
New Gestural Paintings Collection の49作品の1つに
私の絵を選んでいただきました ...... 嬉しい!

one of my artworks has chosen to be featured 
in the Broad Brush: New Gestural Paintings Collection 
on Saatchi Art's website...i'm happy  :)

you can see the collection of 49 featured paintings here:
(my painting is shown down below the page, please track down.)

the collection is wonderful, please do share it with your family 
and friends and any other contacts who you think might be interested!!

my work: the echoes of who you used to be


6/29/2014

焼身自殺という生き方

新宿でのニュース
生き方が問われていると感じました

絵を描くとか
写真を撮るとか
彫刻を彫るとか
楽曲を作るとか
映像を撮るとか

極端に言えばどうでもいい
それらは単に手段や結果に過ぎない思います
それらが目的なのではなく
どう生きるかを問い続けることが大事なのだと
あらためて考えております







6/28/2014

Greece

あるFBフレンドの方が、ギリシャの現状
(国家破綻状態にあり深刻な失業率や飢餓などの問題を抱える)
について投稿されていたせいか・・・こんな写真が目に留まりました 

本当に心を奪われる美しく深い青・・・

哲学、神学、芸術、建築、そしてスポーツまで・・・
さまざまなものが遥か昔のこの国で生まれ、栄えたのです
驚異的なDNAが受け継がれている国、と言っても良いのかもしれません 

そんな国でも一歩誤ると「国家破綻」するのです 
「気づいたときには遅かった」・・・日本も同じ道を進みつつありますが、
(財政的な意味合いだけでなく)
一人一人が適切な判断をして食い止めなくては・・・

生活に苦しむギリシャの人々、特に飢餓状態にある子どもたちが、
一日も早く穏やかな幸せな気持ちで
この美しい海の風景を眺められますように・・・

6/27/2014

upcoming exposition: ART OSAKA 2014

2月から続いたNYの展示もここで一区切り…
今年初めての国内展示は ART OSAKA です

50以上のギャラリーが出展するこの展示会、
私はパリの Galerie Bruno Massa からの出展となります
・・・ room #6300 までお越しくださいませ

ART OSAKA 2014

[会場]
ホテルグランヴィア大阪 26階 

[プレビュー] 
2014年7月11日(金)14:00 - 20:00(招待者のみ)

[一般公開] 
2014年7月12日(土)11:00 - 18:00 
2014年7月13日(日)11:00 - 19:00 
入場料 ¥1,500.- / 1 day pass
※チケットはホテル26階、フェア受付にてお買い求め下さい
※ご入場はフェア終了の1時間前まで

[ナイトビューイング] 
2014年7月12日(土)19:00 - 21:00
(招待者:無料 一般入場者:¥2,000.- )



6/04/2014

Yoshirei Shin & Marc Schildge "Multiple Black"

高校時代の先輩、申 芳礼さん & 旦那様 シルジュ マーク氏の展示会「Multiple Black 黒い複数」が明日から開催されます
…芳礼さんの前回の個展「黒いムクゲ」は今回の展示に至る
伏線だったのでしょうか

絵画、オブジェ、写真、映像、インスタレーションなど、さまざまな姿で
紡がれる彼女の作品…あらゆる時空間や地理空間で再生開花するかの
ような、彼女の精神と肉体の自由なエネルギー運動、民族的背景や政治観も含めたアイデンティティ、祈りのような心の叫びが、
彼女独自の言語で語られています
それらの言葉が激しくぶつかり合い、発熱していく緊張感と
痛み、美しさに溢れているのです
これほどまでに、暴力性と静寂性を携えたメッセージを突き刺してくる
アーティストに、私はあまりお会いしたことがありません

変化し続けているようで常に変わらない礎石を確かめている…自身の生を問いただしながら世の中の圧倒的無関心に対峙している…そんな
芳礼さんの在り方に、私自身は勝手ながらとても共感しております

…余談ですが彼女の人生は周囲がショックを受けるほど波乱に満ちている(ように感じる)のですが、ご本人はいたってさらっと涼しげな風情。。そんなところも大好き、今も昔も憧れの美女、芳礼さんです

ご主人との二人展、機会がございましたら是非お出かけくださいませ

「Multiple Black 黒い複数」
6/5(火) - 6/10(火)
プロモ・アルテ プロジェクト・ギャラリー
www.promo-arte.com
11:00 - 19:00 (最終日は 17:00まで)
オープニングパーティ 6/5(火) 17:00 - 21:00

hope

there is always hope 
on my way, in my own personal way, in many ways, 
of dealing with a painful storm of emotions 
in a connection to disconnection 
to everything except my heart

6/01/2014

when you learn what you are made of

when you see how you react when you are 
having heartbreaking moments, 
that is when you learn what you are made of 
whether you mess up or appreciate what given to you is totally up to you 

人にはきっとそれぞれ役割があって、
自分の意思にかかわらず選ばれて、選ばれてしまっているのでしょう…
私にもきっと、何かしらのさだめがあるのでしょう
…そんなことがじんわり、心に沁み入った夜でした

5/30/2014

dream on

feeling like each thing i've done has been what i've dreamt of,
like i've done my thing how i always wanted 
in such sense, i need to proud of every small achievement
that i've ever made

5/27/2014

upcoming group show "SILENCED"

明後日より、NYにてグループ展が始まります♡
i am exhibiting at the group show "SILENCED" starting this week, 
at SPACEWOMb Contemporary Art Gallery, NYC, 
featuring a collection of works speaking for itself without words

"SILENCED"
may 29 - june 11, 2014 
opening reception: thu may 29 6:00 - 8:00 pm


SPACEWOMb Contemporary Art Gallery
57 Stanton Street, New York, NY 10002
http://www.spacewomb.com/
tel: 917.444.2667

hours: tue - sun 12:00 - 6:00 pm / mon by appt only

5/24/2014

till the moment of my last breath

日々、いつでも死ねる覚悟で生きているつもりでした
実際、人生に悔いも未練もさほど無い...つもりでした
でも先日、「死ぬ」とはすべてが終わることなのだと、少し実感して怖くなったできごとがありました

5月初めから実はずっと体調不良に苦しんでおりましたが、ある夜、浴衣を着て出かけようとしていたとき失神して後ろに倒れ、
後頭部を強打してしまったのです
くらっときたところまでは憶えています…
次に気付いたときは天井を見ていました
上半身を何とか起こすと、後頭部がズキズキする…触ると血が指にべったり付いて、ようやく何が起こったのか分かりました
近くに座ってみましたが、眩暈がして視界が定まらず、
全身大量の汗が出てきて…自分が何か別の生き物に変異してしまうのかとぼんやり思いました
どれだけの時間そこに座っていたのか…憶えていませんが、ようやく落ちついて意識が正常に戻ってきたとき、まず最初に頭に浮かんだのは「死ななくて良かった」ということでした
同じ事象で命を落とす人だっているはず…急に恐怖を覚え、
そして自分にもこのような生への執着があったのだと、少し驚きました

今でも、死への覚悟を常に携えていることには変わりありません
それでも私は確かに生きたいと思っているのです…そしてどうしてかは分からないけれど、たぶんまだ生きなければならないのです
まだここにいる…まだすべてを終わりにはできないのです

5/16/2014

5月15日に


子どもの頃、戦争が怖くて、ときどき寝る前にお布団を頭までかぶり
「戦争が起きませんように。パパとママが死にませんように。」
とお祈りしていました。
瓦礫の中から骸骨の大群が襲ってきて
両親とはぐれてしまう怖い夢をみては泣きました。
『はだしのゲン』だったのか、東京大空襲だったのか、
その恐怖の刷り込みが何だったのかは憶えていませんが…
戦争が怖いものであることは知っていました。
大人になってから、それは家族の笑い話になっていました。
でももう、笑い話ではなくなってしまいました。


5/12/2014

母の日に

i realize that i need to figure out what works for me
and what doesn't to be myself.
i appreciate every support and judgement put on me from others, but
i don't want to sacrifice being myself caring what people label me as
and quite often ... i need to be alone
a certain loneliness helps me following my gut and heart,
staying with my true self.

「母の日」は私にとって、自分の幸せについて考える日でもあります
幸せというものは、探すものでも他に求めるものでもなく、
自分の中にあるということ、
また他者や世間の尺度で測るべきものではないということを、
私は時間をかけて学びました
私は自分が他者を幸せにできるとも思っておりません…
幸せでいてくれたらいいと心から思う、
でもそれを私が叶えてあげられるかどうかなど、
私自身が決めることではないのです
支えてくださるすべての方々に感謝しつつも
自分の奥底から目を逸らさず、心のままに、
そのときにできる最善を尽くすこと…
孤独でときに苦しい作業ですが、
恐れるものではなく真の幸せへの道なのだと、今は考えております

絵に関しても同じ…
周囲の賞賛や批判はありがたく受け止めますが、
それによって自分の心の声を消す訳にはいきません

さて…体調はお陰さまでだいぶ回復しましたが、
まだ不具合を抱えたまま…
そして少し描くだけで疲労感に襲われ動けなくなります...
でも描かないと心が疲れてしまいますから…
一枚描き終えたら、次の白い紙をセットしてから作業を終える
…淡々と、歩みが遅くても止まらずに...


5/06/2014

SELECT FAIR starting soon... ♡

i am exhibiting at SELECT FAIR from May 9 to 11, 
during the Frieze Week, at The Altman Building located at 
135 West 18th Street in New York City.

VIP SELECT party will be organized in favor of Braddock Tiles Benefit 
on Wednesday, May 7 2014 from 7pm to 10pm in Brooklyn 
at Kinfolk located at 90 Whyte Avenue.

meet my paintings at stand B7 at SELECT FAIR
The Altman Building
135 West 18th Street
New York, NY 10011
http://www.select-fair.com

VIP Preview
Thursday, May 8th > 7pm - 10pm

Public Reception
Friday, May 9th > 7pm - 10pm

Fair Hours
Friday, May 9th > 12pm - 8pm
Saturday, May 10th > 12pm - 8pm
Sunday, May 11th > 12pm - 6pm  


SELECT FAIR, the popular satellite fair that has drummed up business for the past two years in Miami, is headed to New York this May to join Frieze Week's ever-growing line-up. The fair will be held in the Altman Building and boasts an international roaster of 38 galleries between its regular exhibitor booths including galerie bruno massa from Paris and single artist projects wing. 

The fair debuted in Miami in 2011 with a dynamic roster of artist, galleries, special projects, and performances.  SELECT's team has continued to deliver though provoking shows in Miami and has expanded to produce exhibits in New York City as well.  

The show prides itself on providing a unique platform to a wide range of galleries from around the world. SELECT FAIR is proud to encourage all our exhibitors to display new media works, and to also alter the existing white booth to appeal to the sensibility of the work being shown.

5/02/2014

what 'that' was

Pi used to look at my mother's art books in my childhood,
vaguely wishing that i would be a part of that,
but not well realizing what that was

過去の遺産は新月の夜に手放しましょう…
ということで母と眺めていた父方の曽祖父の遺品の一部

当然のことながら私の目は掛け軸の数々に釘づけになりました
作品そのものの状態はあまり良いとは言えませんでしたが
豪奢な絹地に黒檀や象牙…現在では調達が難しいお仕立てばかり…
ひとつひとつ解いては眺め、丁寧に巻き直して防虫を施し、
すべて元どおりに保管しました

古典文学や絵を愛していた曽祖父は大変厳格な人だったと聞いています
それでも…もし生前に会えていたら、私のことは
とても可愛がってくれたのでは…とつい思わずにおれず…


4/30/2014

being just who I am

i've realized that so much of my time 
can be wasted on insecurities 
coming from my own heart

worrying about my inability to do what i do 
or about what others think of me 
just destroys my mind

focusing on being myself is the key factor 
for moving forward every moment


4/24/2014

upcoming exhibition in May - 5月の展示のお知らせ

i am participating in "SELECT FAIR" 
from May 9 to 11 at The Altman Building 
located at 135 West 18th Street in New York City

SELECT FAIR
The Altman Building
135 West 18th Street
New York, NY 10011

EVENTS: 
- VIP Preview -
Thursday, May 8th > 7pm - 10pm
- Public Reception -
Friday, May 9th > 7pm - 10pm

GENERAL FAIR HOURS: 
Friday, May 9th > 12pm - 8pm
Saturday, May 10th > 12pm - 8pm
Sunday, May 11th > 12am - 6pm